JPSSO倶楽部会員規約

第1章 総則

 

第1条(目的)

 

NPO法人設立の趣旨である、国防及び地域防災に携わる者の生活支援事業及び人材育成、支援事業を実施するために、カテゴリ単位での活動を推進致します。

 

第2条(組織及び名称)

 

  1. 「倶楽部」とは、正式名称をNPO 日本の平和と安全基盤を支える会(略称:JPSSO)、英字表記Japan Peace & Safety-Basis Support Organization、(以下「JPSSO」という。)の運営する倶楽部を意味します。
  2. 「JDA」とは、正式名称Japan Defense Associatesを意味し、自衛隊関係者(現役自衛隊員、自衛隊OB及びその家族)を支援する活動単位の倶楽部呼称とします。
  3. 「VFF」とは、正式名称Volunteer Fire Fightingを意味し、消防団関係者(現役消防団員、消防団OB及びその家族)を支援する活動単位の倶楽部呼称とします。
  4. 新たな活動の単位が増える際には、別途名称を定めるものとします。

 

第3条(入会資格)

 

  1. 倶楽部の入会の資格者は次のとおりで、各倶楽部の事務局に入会を申込み承認された個人が入会資格を有する。
  2. JDAの入会資格は、現役自衛隊員、自衛隊OB及びその家族(2親等以内。ただし、自衛隊父兄会に所属する3親等以内を含む)、予備自衛官、予備自衛官補、防衛(医科)大学卒業生とします。自衛隊OBには、定年退職者以外の1任期以上を勤務した任期満了退職者及び依願退職者を含む。
  3. VFFの入会資格は、現役消防団員、消防団OB及びその家族(2親等以内)とします。
  4. 新たな活動団体の単位が増える際には、別途入会資格を定めるものとします。

 

第4条(入会方法)

 

  1. 申込み用紙による入会申込み
  2. サイトの運営会社指定の申込フォームに必要事項を入力し、送信ボタンを押すことで正式な申込みと見なすものとします。

 

第5条(年会費)

 

倶楽部会員の入会費、年会費ともに、永年無料とする。

 

第6条(禁止事項)

 

会員は、倶楽部の活動やサービスの利用にあたって、以下の行為を禁止します。
会員がこれらの禁止行為を行った場合は、当団体は提供している各種サービスの全部、若しくは一部の利用停止または、倶楽部の会員登録を削除し、以後の利用 をお断りさせていただくことがあります。

(1)商標権、著作権等の知的財産権、および営業秘密等の情報に関する権利・利益を含む第三者の権利・利益を侵害し、または侵害する恐れのある行為

(2)第三者のプライバシーや肖像権を侵害、または侵害する恐れのある行為(たとえば、第三者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等のプライバシーに関わる情報を当該第三者が掲載を望まず、または望まないと推測される形態での掲載など)を行うこと

(3)第三者を差別し、罵倒、誹謗中傷、脅迫を行うこと、その他第三者の名誉や信用を毀損すること

(4)中傷・嫌がらせ・猥褻等他の利用者が嫌悪感、不快感を抱く、またはその恐れのあるものを Cafesta のあらゆる機能やサービスを通じて掲載、開示、提供、送付すること

(5)広告、宣伝、勧誘、他の利用者のメール受信妨害、連鎖的なメール転送の依頼、無限連鎖講を目的とする行為、または迷惑メールを助長する行為

(6)各種の法令に違反する、または違反する恐れのある行為を行うこと

(7)その他、公序良俗に反する行為、またはその行為を助長させること

 

第7条(退会)

 

会員は、事務局への届出により任意に退会することができる

 

第8条(登録の抹消)

 

当団体は、会員が以下の項目のいずれかに該当する場合、会員の承諾無しに会員資格を抹消できるものとします。

(1)本規約に違反した場合

(2)会員登録の内容に虚偽があった場合

(3)当団体が不適切と判断したとき

また会員の保有する一切の権利は、退会、会員資格の抹消、と同時に消失するものとします。

退会・会員資格の抹消以降、当団体は問い合せなどに対する一切の対応を受け付けないものとします。

 

 

第2章 個人情報の取扱

 

第9条(会員情報の利用)

 

  1. 当団体の、会員が入会契約の申込を行った際に知り得た情報、または会員が本サービスを利用する過程において知り得た情報に関し、以下の項目に該当する場合を除き、正当な理由なく第三者に対して開示しないものとします。
    (1)会員が、個人情報(会員の氏名、住所、電話番号、性別、年齢、電子メールのアドレス等)の開示について同意している場合
    (2)当団体が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計情報を、会員の特定ができない形式に加工して開示する場合
    (3)法令により開示が認められている場合
    (4)法令により開示が求められた場合
    (5)犯罪捜査のために警察等の公的機関から要求された場合
    (6)その他、本サービスの運営上必要な場合
  2. 会員は、当団体がその個人情報及びその個人の固有の情報(嗜好情報等も含む)を利用して、電子メールその他の手段により当団体サービスに関する情報の案内などの営業活動を行うこと、ならびに当団体が適切と判断した第三者の商品・サービス等の広告案内などの販売促進活動を行うことを予め承諾するものとします。"

 

第10条(留意事項)

 

倶楽部の目的は第1条の通りですが、会員は以下の点につきあらかじめ承諾の上、会員登録したものとします。

(1)当団体は、会員に事前に連絡することなく、本サービスの内容の一部または全部の変更、追加および廃止ができるものとします。
(2)当団体は、本サービスの提供に関して、その一部を当団体との間にあらかじめ守秘義務契約を締結した第三者に委託することがあります。
(3)当団体または当団体との間に守秘義務契約を締結した上で委託を受けた第三者は、会員に対して、登録された個人情報に基づく各種サービスに関する情報をご紹介するほか、NPO法人活動ならびに倶楽部へのご協力をDM、電子メール等にて依頼する場合があります。

 

第11条(個人情報に関する問合せ)

 

個人情報の開示・訂正・削除請求等の個人情報に関する問合せや、宣伝印刷物の送付 等の営業案内の中止の申し出は、規約末尾の「倶楽部事務局」へ連絡するものとします。